特徴 | 安心価格の早稲田永代供養墓

お電話でのお問い合わせ 03-3209-4709

魂の故郷 早稲田墓陵,早稲田永代供養墓

  • 特徴
  • 費用
  • 参拝の仕方
  • 契約の流れ
  • アクセス
  • 運営寺院

特徴

早稲田永代供養は、納骨堂と違いあくまでお墓です。外の参拝スペースでお参り頂きます。
お花を手向ける、お線香を焚く、お水をかけるなどお墓参りでの一般的な作法は全て行うことができます。
参拝スペースは永代供養専用で静かにお参りできます。

歴史のある龍善寺が責任を持って直接、管理・運営しています

早稲田永代供養墓は仏教の宗派を問いませんが、永代供養は、浄土真宗のお勤めです。場所は運営母体である龍善寺の敷地内にあります。
龍善寺が直接、管理・運営を行っていますので、安心してお申込いただけます。

供養を日々行います

早稲田永代供養墓は、龍善寺の歴代住職の墓として建立いたしました。龍善寺の住職の父(先代住職)、祖父(先々代住職)の遺骨を納めてあります。日々お参りしております。
そのお墓に、ご縁のある方のご遺骨も埋葬し、歴代住職とともに日々供養させていただきます。
どんなに立派なお墓を建てても、誰もお参りに来なくなってしまっては、お墓にならないと思います。早稲田永代供養墓は、龍善寺がある限り、誰も来なくなることがないお墓です。
また、龍善寺では、毎年5月4日(祝日)に「永代経」をお勤めいたします。有縁無縁の方々全ての方のためのお勤めをいたしております。

早稲田永代供養墓のデザインに込められたコンセプト

来世と現世
目の前の黒御影石の壁が現世と来世と隔てています。 亡くなられた方々は、壁の向こうの来世に仏となって生まれかわられたのです。現世に残った我々は、壁のこちら側から、故人を偲び、故人からのメッセージを受け取るべくお参りさせて頂くのだと思います。
お墓参りの3要素(お花)
2箇所の花立てに、それぞれ20個の花立てがついております。お彼岸やお盆の時にもお花が一杯であげられないということがないようになっております。(混雑時には、さらに臨時の花立てを用意いたします。)
お墓参りの3要素(お水)
通常のお墓参りであれば、お墓に直接お水をかけることができますが、当寺永代供養墓では、直接かけられません。
その代わりに目の前の5箇所の「いのち」もしくは「魂」を表す「球」にお水をかけて差し上げて下さい。お墓の最上部の大きな「球」と目の前の「球」とがつながっているのだと思って下さい。現世に残っている我々は、壁のこちら側からお水をかけて差し上げられるのです。
また、早稲田永代供養墓の地下は、合葬スペースとなっておりますが、皆様がおかけ頂いたお参りの水が、その地下の合葬スペースに流れ込むようになっております。ご遺骨を土に還すといっても、乾いた土の上に置いておくだけでは、なかなか土には還りません。皆様のお参り頂いた水によってだんだんとご遺骨は土に還っていかれるのです。
お墓参りの3要素(お線香)
4箇所のお線香受けの他にもう2箇所の香炉も用意してあります。お花と同様に、お彼岸やお盆の時にもお線香が上げられないということがないようになっております。
階段
目の前の黒御影石の壁が現世と来世と隔てています。亡くなられた方々は、壁の向こうの来世に仏となって生まれかわられたのです。階段は七段あります。六道輪廻という迷いの世界を超えるという意味で、仏教では、「六」を超え「七」 という数字を大事にしております。
ページトップへ

早稲田永代供養墓

Copyright (c) 早稲田永代供養墓